"かけがえのない生命のために"

わたしたちと一緒に、地域の健康を支え続けるスタッフを募集しています。

「人を支える」 ということ

心の面であっても、物理的な面であっても
誰かを救い、助けることは簡単ではありません。
それでも、支えることはできるのではないでしょうか?

我々は、いつも誰かに支えられながら生きています。
家族や友達などの、いつも身近にいる人々。
落ち込んだとき、傷つけられたとき、誰かが側にいることで、
救われる想いがあります。

あなたにとって大切な人が落ち込んでいる時、
誰かにとって大切な人が同じように傷ついているかもしれない。
そんなまだ見ぬ「誰かの大切な人」を支えることが、きっとできるはずです。

"かけがいのない生命のために"
医療機関と共に、人々の健康をかげながら支えるのが私たちのしごとです。

MESSAGE

私たちは、チーム医療の一員であります。地域医療を支える、医療現場のニーズに応えるよう、信頼される先生の検査室を目指し日々研鑽に努めています。

医療従事者であることを自覚し、地域医療に貢献するとともに先進医療を担う人間豊かな医療人として活躍していただきたい。 わたしたちと一緒に地域の健康を支える仲間をお迎えできることを心から楽しみにしています。

株式会社兵庫県臨床検査研究所 岩本 泰秀

STAFF人を知る

人を知る #01
仕事を通じて専門性を養える

入社後の研修で、基礎的なマナーや業務などの説明を受けられるため、大学卒業まもなくの不安はすぐに解消されました。

研修でもそうでしたが、なんといっても先輩との距離が近く、資格を持った先輩による指導のおかげで、資格勉強が随分はかどりました。

各専門研修や、学会発表にも参加できますし、仕事をしながら、知識・経験を高めることができるのは、大きな強みだと思います。

人を知る #02
子育てしながら働ける

私は保育園児を子育て中です。私のように子供がいる主婦は、どうしても子供中心の生活になりがちかと思います。 そんな中、時短勤務を活用して昼間だけ働くなど、時間を融通しやすい環境にあるのは助かります。

育児休暇を経て復帰している女性も多く、同じような境遇の同士でお互い励まし合いながら仕事を頑張れるのは大きな心の支えとなっています。

家庭も仕事も両立し、集中して仕事に打ち込める、女性の活躍できる環境だと思います。

人を知る #03
検査技師として医療に貢献

私は検査技師として正確なデータ提供はもちろん、日々の仕事の中で蓄積される経験に基づいたアドバイスをすることも大きな役割と感じています。

結果から原因を予想し、臨床技師という立場からの見地を伝えることで、患者様の病気や身体の異常を診断する際の手がかりを提供します。

経験を積むごとに得られる知識を最大限に活かせる、やりがいのある仕事です。

地域後方支援企業としてできること
数々のウイルスや細菌などの病原体の検査に関わってきた私達兵庫臨床にとって、
昨年末初めて確認された新型コロナウイルスに対する対応は早急に対処するべき大きな課題でした。
少しでも地域の方々のお役に立ちたいという思いを持って地域後方支援企業として2020年4月よりPCR検査を開始。
積極的に受託しております。 このような取組の実現に際し私達が直面した様々な課題は、
今後の感染症への対策にも繋がり、更なる改善を試みるつもりです。
今だ先の見えない閉塞感が続いていますが、一刻も早い事態の鎮静化を心よりお祈り申し上げます。